急に雨が降ってきたりすると、傘を持っていなくて濡れてしまうことがありますね
雨で髪が濡れるとハゲるという話を聞いたことはありませんか?

今回は、髪の毛が雨で濡れるとハゲるのは本当なのか気になったので調べてみました。

 

                                                                                                                                                                                                                        

雨に髪が濡れるとハゲる言われるのは何故?

ハゲ


雨でハゲるというのが本当だとしたら
原因は酸性雨の可能性ぐらいしかない
と思います。

 

 

しかし、酸性雨が髪を溶かすかというと
そんなことはありません。

髪はタンパク質でできているので
酸では溶けません。
(硫酸みたいな強い酸の場合は変形したり、ボロボロになったりはしますけど)

 

 

 

また、日本に降る雨の酸性度が
極端に強いかというと、それほど
でもありません。

 

 

一般的に、酸性雨と言われるのは
雨のPHが5.6以下になった場合です。

最近は、PHの全国平均が5.79だった2012年から
多少下がり、酸性度は高くなっているものの
大した数値ではないようです。

 

 

それなら、どうして
雨に濡れるとハゲるということが
言われるようになったかというと

ドイツのシュヴァルツヴァルトという
森林が酸性雨で大規模に枯れたインパクトが
大きかったかららしいです。

 

 

最初はこんなに緑色をしてたのに・・・

ヴァルト1




一部分が枯れて、こうなって

ヴァルト2

 




で、さらに枯れが広がっていくのを見たら

ヴァルと3

 


人の髪の毛も影響を受けないわけがない
気がするのも何となく分かります。



ところで、雨でハゲる云々以外にも髪のケアをした方がいい理由があります。

次のページに続きます。