自動車が雨水に濡れた後は汚れが落ちやすいですし、洗車の料金が割引されるという理由でが降った日に洗車をするという人がいますね。

一方、長い間綺麗な状態を保ちたい場合、雨の日には洗車はしない人もいます。
(車が好きな人や高級車を持っている人にその傾向があります)

今回は雨の日に洗車をするのは本当にいいのかどうかや、洗車の料金が割引されるところを紹介します。

                                                                                                                                                                                                                        

雨の日に洗車するのって本当にいいの?

洗車


雨の日に洗車をするといいと言われるのはほとんどが次のような理由です。


雨水に濡れた後に洗車すると、汚れが落ちやすくなる
洗剤を洗い流さなくていい
洗った後に拭き取らなくていい




1つ目の雨水に濡れた後に洗車すると、汚れが落ちやすくなる
というものですが、


雨水に濡れた後は、確かに汚れは落ちやすいです。


落ちやすいですけど、ちょっと考えてみてください!




強い雨が降っている時だったら、
自動車がかなりの量の雨水で洗い流されますが、
それほど強くなければ、自動車がかぶっていたホコリやゴミを
洗い流すことは難しいです。




なので、雨が降っている時でも、
洗車をする前に水で洗い流す方がよい
ですね。




自分で水を流せばまんべんなく洗えるので、
車体の一部にホコリやゴミが残りにくいです。


空から降ってくる雨で車全体を洗い流そうとするのって・・・
ちょっと無謀ですよね?



2つ目の洗剤を洗い流さなくていい。

これもさっきと同じで、
雨水で自動車全体を洗い流すというのは難しいので
自分でホースの水などで洗い流した方がよいです。




また、雨が酸性雨になっている可能性もありますし、
そうだった場合は車体に直接影響が出てしまいます。



車を長い期間大事に使いたい場合は、
自分で洗い流すことをおすすめします。





そして、最後の
洗った後に拭き取らなくていい。



自動車を濡れた状態のままにしておくと、
ホコリやゴミがくっつきやすくなってしまいますし、
乾いた後に雨水に含まれていた成分が車体に残ってしまうことがあります。




水道水にはミネラルなどが含まれていますが、
雨水にはそういうものは含まれていないから大丈夫という話も聞きますが、
雨水にも多少は含まれています。




また、酸性雨だった場合は液体の時よりも、
濃くなっている酸が車体に付いてしまいます。



これって、そのままにしておくのは恐くないですか?



というかその前に、自分の持ち物が濡れたままにしておくのって
気持ち悪くないですか?




これだけ見ると、雨の日に洗車するメリットというのは
あまりなさそうです。


特に、車を大事にしている人ならなおさらです。

Sponsored Links

ただ、車を新しいものに買い替えようとしていて
手っ取り早く洗いたい!とかいう場合なら問題ないと思います。


ちなみに、雨の日がダメなら
晴れている日ならいいかというとそうでもありません。



晴れの日、特に日差しが強い日は乾くのが早いので、
洗車した後に拭く前に乾いてしまい車を痛めてしまいます。




なので、天候的にはあまり日差しが強くない
曇り時か日が落ちている夜に洗うのが理想的
です。


ここまで、読んでみて雨の日に洗車しても大丈夫!と思う人のために、
雨の日に洗車の割引サービスを実施しているところがあるので参考にしてみて下さい。




次のページに続きます。