鼻炎系の病気にかかると鼻がつまって、気持ち悪くなることがありますね。

今回は即効性のある鼻づまりの解消方法や眠りづらい時の対処方法を紹介します。

                                                                                                                                                                                                                        

鼻がつまる原因は何?

解消



まず、鼻がつまる原因で多いのは
風邪などにかかり、鼻の粘膜が
細菌によって腫れてしまうことです。



腫れると単純に
空気が通る幅が狭くなるので
鼻がつまってしまいます。



また、腫れてできる炎症が
副鼻腔まで広がると副鼻腔炎
や、さらに悪化すると蓄膿症になると
膿(うみ)が原因で鼻がつまることがありますね。



それから、温度が急に変わったりしても
鼻の粘膜が刺激を受けて鼻づまりや鼻水が
出ることがあります。



例えば、冬の時期に
暖房がきいた暖かい部屋から
出て外出する時とかですね。



それでは、鼻がつまった時はどのように対処すればよいのでしょうか?



次のページに続きます。