6月病っていう言葉、聞いたことがありますか?

5月病なら知ってるけど、6月にかかる病気なんて知らないという人が多いのではないでしょうか?

今回は、かかる前にあらかじめ知っておきたい症状や対策を紹介しました。

                                                                                                                                                                                                                        

6月病になるとどんな症状が出るの?

6月病


まず、6月病というのは
病気かというと正式な病気ではありません。



人の活動や行動から、
いつもと異なる様子が見られるために
このような名前が付いているだけです。



主な症状は次のようなものです。


やる気が起こらない
以前は楽しかったことが楽しくなくなる
落ち着かなく、怒りやすくなる
不安を感じる
体が重く感じられ、疲れが残っているように感じる
息苦しい
頭痛がする
なかなか眠れない
食事がおいしくない
(食べ物がまずい!という意味ではなく、以前はおいしく食べられていたものがそう感じられなくなったと言う意味です)



1つでも当てはまった
ら6月病が確定ということはないですが、
5つ以上の項目が当てはまる場合は可能性が高いです。



また、これらの症状を見て、これって5月病と同じじゃないの?と
思われる方もいると思いますが、
症状は5月病とほとんど変わりません。




ただ、
このような症状が現れる原因は5月病とは異なります。



5月病になるのは
4月に学校や職場などの新しい環境に入って抱えていたストレスが
ゴールデンウイークを迎えた時に一気に解放されるためです。



一方で、6月病というのは
新しい環境に入って感じていたストレスと6月の気候が
組み合わさることで起こるようです。




6月というのは
梅雨の時期のため、雨の降った日はやる気が起きづらかったり、
眠気を感じるなど体調を崩しやすいです。

関連記事:雨の日に眠くなる原因は低気圧?対処法ってあるの?






管理人的には、
6月のような雨の日が続くというのはかなり苦手です。



また、6月には祝日がないため、
ゆっくり休む時間が取りづらいことも関
係がある気がします。


ちなみに6月になると、
次の祝日は7月20日の海の日まで待たないといけないのは
辛いところですね悲


では、「やる気が起きない、食事がおいしくない、・・・」などのような
症状が出てきたらどうすればいいのでしょうか?




次のページに続きます。