白髪が生えるのは、年齢によるものというイメージかもしれませんが、実は20代などの若い人にも白髪が生える場合があります。

今回は20代白髪が生えてくる原因とその対策について紹介しました。

                                                                                                                                                                                                                        

20代なのに白髪が生える原因はストレスだけ?

白髪


鏡を見ると髪の毛に白い毛が混じっていることって
ありませんか?



20代の人でも白髪が生える原因は
調べてみるといろいろあるようです。



原因は主に遺伝ストレスですね。




親が若い時から
白髪が生えている場合は、
自分も若い時から白髪が生える可能性が高いです。



医学的な根拠があるわけではないですが、
これまでの統計によるとこの傾向が見られるようです。





他には、強いストレスを受ける環境にいると
白髪になりやすいです。


ストレスは自分がそう感じていなくても、
影響を受けていることがよくあります。



特に、20代の人の場合、仕事に初めて就いた時は
それまで生活してきた環境との変化で
大きいストレスを受けることが多いです。
(また、白髪にならなくても脱毛症を引き起こすこともありますね)




なので、白髪を増やさないようにするには
生活の中で受けるストレスをなるべく
減らす必要があります。



あと、考えられるのは
若い人でダイエットをして、
食事を制限することで栄養不足になっていることですね。



摂取する栄養が減ると、
髪を黒くする役割を持っている細胞(メラノサイト)
に取り込まれる栄養が減ってしまいます。




そうすると、髪を黒くすることが
できなくなって白髪になったりします。




それでは、白髪が生えてきた場合や、生えないようにするにはどうすればいいのでしょうか?



次のページに続きます。